◆エクセルの「0」非表示

エクセルに列や行の「合計」や「個数×単価」などのSUM関数を使った時に、数値を入れない状態では「0」が表示されてしまいます。

合計や解が「0」の場合は「セルの書式設定」の「表示形式」で何も表示しないようにする方法です。

「表示形式」で「ユーザー定義」に

0;-0;;@

とするだけです。

値引きなどで「0」とする場合は、そのセルだけ「標準」や「数値」に変えてください。

 SUM関数を指定すると

オートSUM・足し算、掛け算

掛け算は「*」
足し算は「+」 連続は「;」
引き算は「-」
割り算は「/」

 「0」が表示されてしまいます。

エクセルで「0」が表示されてしまう

●表示を「ユーザー指定」で修正する

 

エクセルの数値の表示の変更

「0」を表示させたくないセルを選んで「セルの書式設定」をクリックします。

 「セルの書式設定」の「表示形式」で「ユーザー定義」をクリックして

  0;-0;;@

 と入力します。

エクセルでユーザー定義でセルの「0」を表示させない

「種類」のすぐ下の文字列は書き込めるので、クリックして削除し、「0;-0;;@」と書き込みます。

エクセルの関数SUMで0を非表示にする

 
こういう風に数値を入れてない部分は、何も表示されなくなりました。^^v

おまけ

「0」が右の罫線にくっつきすぎてると感じる場合は、

  0_);-0_);;@

のように「0」と「-0」の後ろに「_)」を入れると「)」分、右側に空きができます。
スペースを入れてもいいです。「カッコ」と「スペース」では空きが若干違うようです。
「)」は1つのみ、「スペース」は複数個でもOKです。

スマホ・タブレットで見やすいPC・スマホ・タブレットのTIP・使い方・操作方法