塗りの断ち落としの名刺の10面付

91mm×55mmの枠を作って、グループ化しておくと回転するときに選択ミスがなくなります。
イラストレーターのスマートガイドを有効にしておけば綺麗に配置してくれます。
配置後、塗り足しをします。
※作業終了後、枠は消しておきます。

  こんな風に、1色の断ち落としのある名刺の場合、プリンタでミシン目のある名刺用紙をプリントする場合、ミシン目にピッタリ合わず、 8面付の用紙を買うか印刷屋さんに外注してるんですが、イラストレーターで下のように面付するとミシン目の部分で多少ずれても綺麗にプリントできます。
外注に出す時間がない、急ぎの時などに使います。

オンライン印刷一覧

エレコム なっとく。
名刺テンプレート

         イラストレーター用

名刺カードレイアウト

上の部分が端まで塗りつぶしの場合は、2段目と4段目を逆さにします。
1段目は上部を塗り足しします。

 

名刺用紙10面付layout

上の部分が端まで塗りつぶしの場合も、2段目と4段目を逆さにします。
5段目は下部を塗り足しします。

 

名刺用紙面付

左側の部分が端まで塗りつぶしの場合は、右側を逆さにします。
上下左右を塗り足しします。

 

右が一色の色で断ち落としの場合

右側の部分が端まで塗りつぶしの場合も、左側を逆さにします。
上下左右を塗り足しします。